エネルギーを有効利用する排熱利用

近年の地球温暖化など、二酸化炭素を大量に排出する化石燃料の使用が問題視されています。
しかし、エネルギーを大量消費する現代文明の方向性を変えるのは、非常に難しいことです。

そこで、現在使っているエネルギーの中で、熱として利用されずに排出されている部分に着目して、これを有効活用しようというのが、排熱利用です。

話題の排熱利用の情報サイトを利用して良かった。

排熱利用のひとつが、発電機が出す排熱の利用です。最新式の発電機でも燃料のエネルギーの40%程度までしか、電気に変換出来ません。
残りの60%が排熱として捨てられているのです。

Yahoo!ニュース情報をお伝えします。

この熱はおよそ100度から250度程度です。この熱を用いてボイラーを沸かして、タービンを回し電気に変える方法がコージェネレーションです。排熱利用のポイントは、いかに高温の空気にするかです。

低温の空気では、ボイラーでお湯を沸かすことも出来ず、発電に繋げることが出来ません。
そのため、空気を圧縮して温度を上げる方法が取り入れられようとしています。現在は研究段階ですが、この方法を用いると、エネルギー消費を7分の1にまで減らせるようになります。


排熱利用でもうひとつ重要なのは、いかにして排熱を回収するかです。


排熱は元来、温度が低く、そのほとんどは回収する技術がないために捨てられているのが現状です。



この排熱の回収技術が進むことが重要なのです。


発電機は高温になり過ぎると効率が低下するため、排熱を行うのですが、この排熱は大気中に放出するのが最も効率がよく、排熱回収を行うと発電効率が落ちるという問題もあり、課題になっています。