エネルギーを有効に使う排熱利用

排熱利用は無駄をなくして省エネルギーにつながるもので、工場において取り入れると環境保全や経済性でもメリットがあり、電源確保や企業イメージのアップにもつながります。

昔は天然ガスなどの燃料を利用して発電を行うと、実際に電気エネルギーとして活用できるのは40%程度で、あとは利用ができない不要な熱として処理されていました。
この大きな割合を占める無駄をなくすため、廃熱利用機器が開発され、今では排熱利用で、電気と熱から電源を大幅確保できるようになっています。

排熱利用関しての情報探しを行うならネットが便利です。

発電と同時に排熱を有効利用方法は、コージェネレーションシステムと呼ばれ、電力不足を補うのに役立つシステムです。

日本経済新聞に関してとにかく簡単に調べられます。

商用電気だけだと夏場に発電と冷房が重なってしまうと著しく無駄が発生していましたが、商用電気とコージェネレーションによって、排熱利用を行うと電力ピークのカットができます。

太陽光発電も導入して、天気が良い昼間は太陽光発電による電力確保をして、天気が悪い日や夜の電力不足にはコージェネレーションを役立てる方法を構築し活用することが可能ですから、工場や施設の形態に合わせたエネルギーを生み出すシステムを導入することが一番のメリットです。
コージェネレーションシステムを導入するためには、専用の設備を導入する必要があります。



どんな設備が必要になるか提案を行ってくれる専門業者があって、排ガス蒸気ボイラや熱交換器など必要となってくる設備の数や設置場所、費用について相談ができます。