定期的なスケール除去

製造工程などで使用される冷却装置や温泉などの循環設備など水を使用する環境は、定期的なスケール除去が重要です。

スケール除去についての情報を簡単に探すことができます。

スケールは水の含まれるカルシウムやマグネシウムは堆積して硬化したものです。

鍾乳洞と同じ石灰質の塊は一度付着すると水流だけで剥がれることはありません。

ある程度の大きさになると配管の通りに影響を与えます。
細かな格子状であれば目詰まりを起こしてしまいます。

Yahoo!知恵袋情報に関する耳より情報を公開しています。

最悪の場合は水流が十分に得ることができないことから装置の使用目的を果たせないことになる恐れがあります。
装置内を流れる水の流量の低下が許容できるうちに配管内のスケール除去を行います。
最も単純な方法は分解して付着しているところを物理的に剥がす方法です。

この場合、こする力に耐えられる構造であることを確認する必要があります。スケール除去を行うことで装置の構造が保てないようでは意味がありません。

特に冷却フィンなど薄いものは力がかかることを想定していないため注意が必要です。



変形することで冷却効果が低減する恐れもあります。

そのためデスケーラーと呼ばれる薬剤を使用する方法もあります。
石灰質を溶解して剥がし取る能力を持った薬剤で循環させることでスケール除去を行うことができます。

装置を分解しなくても良いためとても便利です。十分に循環させたあとで剥がれ落ちたスケールを回収します。環境に優しく、金属を腐食しない成分のものを選ぶと使用も処分も簡単に行うことができます。