エネルギーを有効に利用できる排熱利用

排熱利用とはエネルギーを生み出すことによって放出された排熱をエネルギーとして利用することです。


排熱を抑えることは効率よくエネルギーを利用できるだけでなく、温暖化を抑制する効果も期待できます。

排熱利用は様々なケースで利用されていますが、代表的な利用ケースとしてコージェネレーションと呼ばれるシステムがあります。

排熱利用に関する特集が満載です。

コージェネレーションとは電気をつくるときに出る排熱を利用して発電するシステムのことです。

発電に使う燃料が持つエネルギーを100とすると、電気として取り出せるのは40しかありません。
残りの60は排熱になります。

日本経済新聞の情報をお知らせいたします。

その排熱をボイラーなどの動力源として発電を行うことで、燃料の持つエネルギーを効率よく利用します。


コージェネレーションだけでなく、家庭での排熱を利用するケースもあります。

風呂やシャワーの排水で流れ込む下水は大気より温度が高いため、水道の水を温めて、暖房や給湯に利用します。



下水は温度が下がりやすいため、地域にある工場の排熱を下水の温度維持に役立てることで、利用価値を高めることができます。

排熱利用は発展できる余地が十分にある技術です。大手企業でも大量の熱を放出する工場の排熱利用ができれば、エネルギー消費量を抑えるメリットがあります。将来的にはIoT、AIの技術革新により、熱管理が容易にできるシステムが構築されるようになれば、どの家庭でも当たり前に使われるようになることが予想されます。